バイナリーオプション

ここでは、バイナリーオプションのメリットや危険性についてまとめています。

バイナリーオプションとは

バナリーオプションとは、FX投資の一種で決められた数時間後に株価が上がっているか下がっているかを予測するシンプルな投資方法です。
つまり、上がる方のAか下がる方のBかの二者択一選択のどちらかが必ず正解で、結果が決まるシンプルなものなのです。その中にも3つのA、B選択があります。
投資をする時間の価格から上がり下がりを予測するラダーオプション。
投資をする時間の価格を基準として価格の振れ幅が定められた基準内で収まるか、はたまた基準外になってしまうかを予測するレンジオプション。
投資をする時間から定められた終了時間までに、提示されたか価格の株価に一度でも達するか否かを予測するワンタッチオプションの3つとなります。
ご覧の通り3つとも多少の違いはありますが、2者択一選択をするといった意味では違いはありません。
他の投資方法とは違い、複雑さがなくAかBかを選択するだけなので、初心者でも入りやすい投資と言えます。
しかし予測する時間がわずか2時間程度と、じっくり予測して考えている時間がない投資と言えます。
また勝つ確率も負ける確率も50%と意外に負けるリスクも高く、シンプルなわりにハイリスク・ハイリターンな投資となっています。

バイナリーオプションをするメリットとデメリット

FX投資を行っている人たちを中心に人気なのがバイナリーオプション。名前は難しそうですが、投資スタイルは他のどんな投資よりもシンプルです。
バイナリーオプションのメリットとデメリットを見てみましょう。

バイナリーオプションのメリット

①取引がとてもシンプル
予想するのは相場が「上がる」か「下がる」かだけ。他の投資とは違って、そこに「値幅」の要素が加わらないため、取引はいたってシンプルです。コインを投げて表か裏かを当てるようなものです。

②少額資金でも参戦可能
1回あたりの取引額が少額なので、どんな人でも気軽に参加することができます。業者の中には1口50~100円などの金額から始められるところもあるほどです。

③損失額が限定される
予想が外れると投資資金の全額を失うことになりますが、それ以上の損失を被ることはありません。FXや株式投資(空売り)では、理論上、投資資金以上の損失を被ることもあります。

バイナリーオプションのデメリット

①1度に投資資金全額を失う可能性が50%
予想が当たれば儲かりますが、予想が外れれば投資資金の全額が回収されます。つまり、50%の確率で投資資金の全額を失う可能性がある、ということです。

②運の要素が濃い
単純に考えれば、儲かる確率は1/2。実際の勝率は50%を下回っているというデータもあるようです。

③勝率を高めるのが難しい
運や駆け引きの要素が入ってくるため、株式やFXと違いテクニカル分析やファンダメンタル分析が効きにくい場面があります。その中で勝率を高めるのは難しいと言われています。

バイナリーオプションと「みんなで大家さん」を比較してみると

バイナリーオプションの魅力は、なんといってもそのシンプルさ。上がるか下がるかを予想するだけなので、複雑な知識が無くても簡単に取引ができます。しかも損失額も限定されているので、想定以上に損失を膨らませてしまうリスクを避けることが出来ます。

ただし、コンスタントに利益を上げていくためには、予想を的中させ続けていく必要があります。つまり、現在の相場の状況を詳しく把握し、相場がどのように傾くのかをある程度予測できる必要があります。

その点、「みんなで大家さん」は、誰でもコンスタントに年利5~7.5%での分配金を得られます。元本割れに関しても、不動産価格が賃貸利益による評価で決定されることや、優先劣後システムが適用されていることにより安定していると言えます。

バイナリーオプションはギャンブルであり、「みんなで大家さん」は投資商品ということがはっきりわかります。駆け引きを楽しみたい方はバイナリーオプション、堅実な資産運用を考えている方は「みんなで大家さん」を選ぶことをおすすめします。