金投資

こちらでは、信頼の高い金投資について、メリットとデメリットをまとめています。

金投資のメリットとデメリット

「有事の金」などと言われることもありますが、金投資は本当に魅力的なのでしょうか?メリットの多い金投資ですが、もちろんデメリットもあるようです。

金投資のメリット

①現金よりも信頼性が高い
貨幣経済は「現金には価値がある」という信頼のもとで成り立っていますが、金はそのものに価値があります。そのため、たとえどのような経済情勢になったとしても、現金とは違って金には一定の価値が担保されている、と言われています。

②有事に強い
現金よりも信頼ができ、いつでも換金できるという利便性もあることから、安定性は高いです。戦争やテロなどが多発している状況下では、資産保全を求めて金への資産移動が世界中で行なわれるため、金の価格は上昇する傾向にあります。

③世界中で換金できる
金を換金できない国はないと言われています。どんな時代でも、どこでも換金できる信頼性は、他のいかなる資産にもない魅力です。

金投資のデメリット

①価格変動リスクがある
金の価値は、世界経済や社会情勢の影響を受けて常に変動しています。経済が安定的・発展的になってくると現金や株式、金利、配当などの価値が上がり、相対的に金の価格は下落基調になることがあります。
また金はドル建てで取引されているため、為替変動によって日本円の価値が上がると金価格が下がることもあります。

②金それ自体に投資をしても利息を生まない
金に投資をするということは、金という物体を買うということでもあるので、そこから金利や配当が生まれることはありません。

③紛失・盗難対策が必要
金は、株式やFXとは違って有形の投資商品のため、紛失や盗難のリスクがあります。安全に保管するために銀行の貸金庫などを利用したり、または金の所有権だけを購入したりする方法がありますが、いずれの場合でも保管料等が発生します。

金投資と「みんなで大家さん」を比較してみると

金投資が安定的と言われる理由は、「価値がゼロにはならない」からです。確かにゼロになることはありませんが、その分資産を守る方向へと進む一方で、資産を運用するということに関してはあまり向いていません。

その点、「みんなで大家さん」は賃貸借をベースに評価額を定めているので、元本の値動きはほとんどありません。また、金投資とは異なって、毎年安定的かつ高い利回りが期待できます。短~中期の安定運用を求めている方には、「みんなで大家さん」がおすすめです。