国債投資とは

今さらだけど国債って何?

まず国債とは、財務相のホームページ冒頭の説明では「国の発行する債券」と記載されています。これでは少し分かりにくいと思うので分かりやすく説明していくと、国の借金を証券化したもので、この借金を証券化することによって国民の中から証券を購入する方を募り、国はその購入資金を借金の返済に充てているのです。
しかしそれでは購入者の方は、お金を支払っただけで何のメリットもありませんよね?そこである決められた年月を過ぎると、国は支払ってもらったお金を購入者に返す際に、利息分を付けて返済するのです。つまりあなたが銀行でお金を借りて分割で支払っている際には、利息分を付けて返しているのと同じようなことなのです。

国債投資の種類

上記で説明したとおり、国の借金に対して一次的に証券を買うことで個人が補填して、後から利子分も貰うというのが国債投資ですが、国債投資にも種類があります。
現在、個人向け国債投資は主に3種類です。

固定3

証券の購入時に利率を決定して、3年間その利率でやっていくというプラン。金利が固定されることによって安定した資金運用と、収支予測を立てることができます。3年という短い期間になるので、手軽に投資を行うことができます。

固定5

文字通り、上記の3年固定の5年バージョンです。金利が固定されることによって安定した資金運用と、収支予測を立てることができます。しかし5年という長期間になってくると、経済状況も大きく変化していく可能性が高いので、利率が固定されていることで安定度が高くなります。

変動10

証券の利率が半年ごとに変動していき、利子の上下がその都度変わるというもの。利率が上がれば当然、利子も高くなり、利率が下がってしまえば利子が低くなってしまいます。10年という期間の長さでは、確実に経済状況も変わってくるので利率が高くなっている時に固定にしてしまうとその分、損をしている状態になってしまいます。しかし変動10ならば日々変わる経済状況に対応することができるのです。

国債投資のメリット

何にも代えがたい安心

不動産投資やFXなど投資の種類も様々ですが、どの投資も一般企業が販売している商品が多く、ハイリターンなものもありますがハイリスクであることも否めません。これらの投資でもし、企業が破綻してまったらその時点でお手上げです。言い方は悪いですが、一般企業が販売している商品にはキナ臭いものも多く、それに手を出してしまう可能性は誰にでもあります。そこで100%に限りなく近い、安心度があるものをと探すと国債になってくるのです。国から販売されているものですから、国民からお金を持ち逃げするといったことは考えられないですからね。

国債投資のデメリット

一般企業が販売するような投資商品に比べて金利が低い

一般企業が販売する投資商品というのは、低金利なものから高金利のようなものまで様々ありますが、国債投資は一般企業が販売している低金利なものと比べても、金利は低いのです。
上記で紹介した「固定3」のプランの金利は0.03%から税金を差し引いたものになります。
このような金利の低さだと、低額投資では配当金は微々たるものになってしまいます。