株式投資

ここでは、株式投資のメリット・デメリットに関して詳しくまとめています。

株式投資とは

株式投資とは企業が事業を運営していく資金を得るために、発行されている株に対して投資をすることです。
企業が株を発行しなければならない理由は、会社を運営していく資金を調達するためです。
企業が運営していくための資金調達の方法としては、「銀行からの融資」「他の企業から資金を借りる」そして「株式を発行する」の3点になります。
しかし「銀行からの融資」や「他の企業から資金を借りる」という方法は、将来的に借り入れた資金を返さなければいけないので返す際は当然、利子を付けて返すことになります。
そこで資金を調達するために、「資金を返す」に縛られない株式が重要になるのです。
株式というのは、株を買ってくれた株主に対して将来的に資金を返すということはなく、その代わりに配当金という名目で年に1〜2回の頻度で会社の利益が出た分を株主に還元するのです。
また購入した株を買ったり売ったりすることも自由で、購入した株の値段が跳ね上がってきたら売りに出して利益を出したりすることもできます。
株主というのは実質会社のオーナーとなり、会社の株を一番多く持っている方が筆頭株主ということになります。
会社の方向性を決める上での最重要人物となります。

株式投資のメリットとデメリット

投資と言えば、最初に浮かぶのが株式。株式のメリットやデメリットを以下に整理してみました。

株式投資のメリット

①買った株式が上がった時に売り抜ければ儲けることができる

株価上昇のトレンドにうまく乗れば、投資金額の倍以上の儲けを出すことも可能です。特に景気全体が上昇傾向のときは、比較的容易に利益を出せます。

②配当や株主優待のある銘柄もある

銘柄によっては、配当や株主優待を行なっている会社もあります。特に配当は大半の銘柄において実施されています。銀行預金や国債に比べれば、圧倒的に高い利回りを享受することができます。

③株価が下がっても儲けることができる

信用取引ができる口座を作り『空売り(カラウリ)』という仕組みを使えば、株価が下がっても利益を出すことができます。下がれば下がるほど儲かる仕組みなので、株価の下降トレンドに乗れば大きく儲けることも可能です。

株式投資のデメリット

①価格変動リスク

国内経済や国際経済、その他、さまざまな社会的背景などを理由に、株価は常に変動しています。儲かる可能性もあれば、損をする可能性も常にあります。

②プロに勝たなければならない

2015年のデータですが、日本の株式市場に参戦しているうちの82.5%は国内外の機関投資家(政府含む)です。個人での参戦者はわずか17.5%。つまり、全体の8割以上は株式投資を生業とするプロということ。コンスタントに勝つためには、プロ以上の力量が求められます。

③相場操縦の影響を受けるリスク

海外のヘッジファンドと呼ばれる組織などを中心に、意図的に特徴の銘柄や業界の株価を動かしてくる組織がたくさんあります(法令では禁止されている)。そのため、個人投資家は理由もなく大損することもあります。

株式投資と「みんなで大家さん」を比較してみると

投資商品の代表でもある株式。元本の値上がり期待に加え、場合によっては年に2回の配当金、株主優待も受けられる、とても魅力的な金融商品です。

一方で、昔から「株で資産を失った」という声は絶えません。バブル時代に株を購入し、売却のタイミングを逃してしまった人の中には、資産が1/10程度になってしまった人もいるでしょう。「株で資産を失った」という声は、決して大げさではなく、実際によく見られることと肝に銘じておかなければなりません。

それに対し、「みんなで大家さん」は、元本保証の商品ではないものの「優先劣後システム」を採用しているため、高い安全性のもと元本が守られます。加えて、分配金が一般的な株式の配当金よりも遥かに高いことを考えれば、株式投資よりも「みんなで大家さん」のほうが優位性の高い商品と言えます。