みんなで大家さんの気になる口コミ・評判まとめ  >  みんなで大家さんの評判・体験談

みんなで大家さんの評判・体験談

このカテゴリでは、みんなで大家さんに出資した投資家の体験談を紹介していきます。

出資者たちは慎重な方々が多い!?

書籍「みんなで大家さんになろう!」や、サイト「大家さんたちの声」など、実際に、「みんなで大家さん」に投資している方々の評判をチェックできるメディアがあります。

上記のメディアでチェックしておきたいのは、「資産が増えて良かったです!」という部分ではなく、その方の「資産運用に対する考え方」や「どんな投資先を探し求めていたか」、「購入の決め手となった要因」は何かといった点です。
それらに目を通してみると、資産運用に対しては慎重な方が多いように思われます。

現在の日本が置かれた経済状況は、貯金や国債も超低金利が続いております。
そんな中、利回りが期待でき、なおかつできるだけ安心感のある投資先を探している人たちの受け皿が、「みんなで大家さん」なのかもしれませんね。

40~50代の投資家が登場

ここで、登場する人物は、いずれも40代~50代と、定年後・老後の資産形成なども含めて、自分のマネープランを真剣に考えなければならない年代
同じ理由で不動産投資を始められる方も多数いるかと思われます。

それぞれのプロフィールは、飲食店経営者・公務員・団体役員と様々です。
どなたも高利回りだけに釣られて購入を決めてしまうような方ではなく、体験談を読んで頂ければ、「なるほど」と納得させられる部分があります。

もちろん、単純に我が身に置き換えられるものではありませんが、他の方々が、どういった点に不安を感じ、どういった点に魅力を感じたのかが分かると、より幅広い視点で不動産投資の見極めができるかと思われます。それでは、ご覧下さい。

50歳男性公務員の場合

親子2代で公務員として働くNさん。退職後の生活が見えてきた50代に入り、将来に不安を感じ始めました。投資経験ゼロのNさんは、自分なりに情報収集を始めます。とはいえ、そこは初心者。重視すべきポイントが分からず投資対象を絞れません。資料請求したファンドの営業マンは、締め切りを理由に契約を急かします。

このままではダメだと感じたNさんは、不動産小口化商品の仕組みなどの勉強を始めました。その中で出会い、投資先に決めたのが「みんなの大家さん」です。Nさんは、どのような点に惹かれて「みんなの大家さん」に決めたのでしょうか。このページではNさんのケースを通して、投資経験ゼロ・堅実派の方でも納得できる「みんなの大家さん」の魅力を紹介しています。投資を始めたいけど不安を感じるなどに当てはまる方は参考になるはずです。

50歳男性団体役員の場合

50代後半のIさんは団体役員を務めています。どのようなことに対しても積極的なIさんは、学生時代から投資にも取り組んできました。いわば投資のベテランです。近年の動向-金融相場の不安定な値動き-をみてミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資に注目していました。

ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資として挙げられるのがJREIT(不動産投資信託)です。Iさんによると、流動性が高いメリットはあるものの、安定性に欠ける面があり株式投資に近いとのこと。この点を考えて選んだのが「みんなの大家さん」です。Iさんは、「みんなの大家さん」にはリスクを管理する仕組みが導入されていると考えています。具体的に、どのような仕組み導入されているのでしょうか。ベテラン投資家を決意させた秘密を紹介します。

50代女性電気店経営の場合

個人で電気店を経営しているKさん。原価上昇による収入の減少に不安を感じていました。もう一つの収入源として始めたのが株式投資と投資信託です。配当金と株主優待を得られるので目的達成と考えていたのですが、慣れてくると元本下落のリスクが心配になってきました。それ以降は、価格の変動を追いかける毎日。投資そのものがストレスとなってきたのです。

生活に悪影響が出だしたKさんは、新しい投資対象を探し始めます。インターネットで検索して見つけたのが「みんなの大家さん」です。自分に合っていると感じたKさんですが、管理運営をしている都市綜研インベストバンクなんて聞いたことがありません。Kさんはどのようなプロセスをたどり都市綜研インベストバンクを信頼するに至ったのでしょうか。また、「みんなの大家さん」のどのような点が自分に合っていると感じたのでしょうか。このページをみれば、都市綜研インベストバンクの信頼性と「みんなの大家さん」の魅力が分かります。以下のページは、これらの点が気になる方にオススメの内容となっています。

20代女性会社勤務OLの場合

民間企業で働く20代OLのIさん。明るい未来を見据えていると思いきや、Iさんが見ている未来は暗いものでした。急速な高齢化、長引く不況の影響などで社会保障が縮小すると考えていたからです。将来に対する漠然とした不安と社会貢献をしたいという思いから、Iさんは応援したい企業に株式投資を始めました。

実際に株式投資を始めてみると予想以上に難しいものであることが分かりました。株価が大きく上下するからです。精神的に負担を感じたIさんは、新しい投資方法として不動産投資を思いつきます。色々な情報を集める中で魅力を感じたのが「みんなの大家さん」です。一人のOLとして働いているIさんは、どのような点に魅力を感じたのでしょうか。このページでは、「普通」の20代が感じる「みんなの大家さん」の魅力を知ることができます。

30代男性会社員の場合

会社勤めをしている30代のKさん。彼の世代の特徴として挙げられるのが、年金に対する信頼性が低いこと。学生時代から日本経済は下向きであったため、本当に年金を受け取れるか不安を感じている方が少なくありません。Kさんもそんな一人。友人と異なる点は、将来に備え学生時代から資産運用を始めていたことです。

Kさんが行ってきた資産運用はハイリスクハイリターン。とにかく資産を増やすことを重視していました。とはいえ、元本割れのリスクが大きすぎることは考えもの。そこで、リスクを分散できる投資も併せて始めることにしました。その対象として選んだのが「みんなの大家さん」です。資産運用の経験が豊富なKさんは、どのような点に魅力を感じたのでしょうか。このページは、株式投資などと並行して不動産投資を始めたいと考えている方の参考になるはずです。

50代男性会社員の場合

50代男性会社員のKさん。コツコツと定期預金を続けてきた堅実派です。定年退職が見え始めた50代に入り、そろそろ老後資金を考えようと思っていた矢先にサブプライムローン問題が起きました。定年退職後の「お金」が心配になったKさんは、資産運用に興味を持ち始めます。

Kさんは、「定期預金を継続するべきか」「みんなの大家さんで資産運用するべきか」悩んだ末、「みんなの大家さん」を選択します。堅実派のKさんが「みんなの大家さん」を選んだ理由はどこにあるのでしょうか。このページには、資産運用に不安を抱えていたKさんが、納得するに至った経緯が掲載されています。不動産投資に興味はあるもののリスクが気になる方などに役立つはずです。

50代女性の場合

夫の定年退職が近づいてきたIさん。本当に、年金だけで生活していけるか不安を感じていました。テレビで、「年金受給額が減った」「健康保険料があがった」など、暗いニュースばかり報じられているからです。

銀行も頼りにならないので、Iさんは自分で運用することを考えます。とはいえ、貴重な老後資金を使うので、リスクはできるだけ避けなければなりません。そこで選んだのが「みんなの大家さん」です。安全に資産を運用したいと考えていたIさんは、なぜ「みんなの大家さん」を選んだのでしょうか。このページをみればその理由が分かります。リスクを管理しながら資産運用を始めたいと考えている方は参考にしてください。

60代男性の場合

すでに定年退職している60代男性。資産をどのように運用するべきか悩んでいました。過去には、マンション・アパート経営を経験していますが、年齢を考えると長期の投資は難しいと感じていたので、もう一度、とはなりませんでした。そこでJREITと「みんなの大家さん」を検討。安定性が高い「みんなの大家さん」を選びました。

こちらの男性は、どのような理由で「みんなの大家さん」を選んだのでしょうか。このページを参考にすることで、マンション・アパート経営や投資に詳しい方が「みんなの大家さん」を選ぶ理由が分かります。投資経験豊富な方が「みんなの大家さん」を選ぶ理由を知りたい方にとって役立つはずです。

40歳男性飲食店経営者の場合

レストランを経営している40代男性の体験談についてまとめています。お店の経営状態がうまくいかなくなってしまい、知り合いから勧められた「みんなで大家さん」に挑戦してみることに。レストランの改装費用を捻出することなどにも成功したそうです。参考にしてみてください。