30代男性会社員の場合

ここでは、30代「Kさん」のみんなで大家さんに対する体験談を紹介していきます。ご購入を検討している方は必見です。

日本の将来は…?老後が心配な世代です

30代のKさんにとって、最も不安なのは老後のこと。大学を卒業して就職するころには、日本経済はすでに下向き、先行きが見えない時代に突入しました。今の若者は本当に年金を受け取ることができるのか?掛け捨てになるのではないかとまで懸念される世代です。

そんなKさんは、老後の備えは自分でしなくてはならない、国は頼れないかもしれないと考え、すでに大学生のころから資産運用を始めていました。

資産運用はリターンを重視

とにかく今のうちに資産を増やしておかないと、という不安から、Kさんの投資方針は、ハイリターンであること。しかし株式運用をしていたころは、あまりにも元本の上下変動が激しく、悩まされたといいます。そこで資産運用に関してもリスクを分散し、なるべく元本割れの少ない資産運用を合わせて始めようと考えていたころに、出会ったのがみんなで大家さんだったといいます。

慎重派のKさんは、みんなで大家さんの実績や信頼性、そして運用する物件やテナントなどもじっくり調査。担当者ともじっくり話し合ったうえで購入を決意しました。

他の資産との運用にもちょうどよい

Kさんはみんなで大家さんについて「まず、3年という運用期間がちょうどいい。1年だと結果を出すには短いですし、5年だと先が見えないんです。」と語ります。また、元本の変動が少ない資産運用を行うことで、安心してハイリターンの資産運用できるという点でも、大きなメリットを感じているようです。