運営元の会社情報

ここでは、「みんなで大家さん」の運営元である、「都市綜研インベストバンク株式会社」の会社情報を紹介しています。
※都市綜研インベストバンク株式会社は、2013年2月「みんなで大家さん販売株式会社」に社名変更したようです。

都市綜研インベストバンク株式会社とは?

「みんなで大家さん」の運営元である都市綜研インベストバンク株式会社とはどんな企業か申し上げますと、J-リートに先駆けて、1999年から不動産証券化・小口化事業に取り組んでいて、資産運用規模も240億円を超える実績があります。
不動産証券化事業の実績としては、東大阪市長瀬のマクドナルド店舗キャピタル心斎橋という収益マンションが挙げられます。

都市綜研インベストバンク株式会社の事業の柱は、上記以外に、健常型シニアマンションの開発・運営等を手掛けるシニア事業、和創ホテルの開発で知られるホテル事業、そして「みんなで大家さん」を含めた資産運営事業があります。

この事業展開の背景には、高齢化社会のニーズとしての生活支援サービスと、生涯生活資金確保のための資産運用サービスとの二つを重視した企業姿勢が伺えます。

都市綜研インベストバンク株式会社 商号 みんなで大家さん販売株式会社(※旧社名:都市綜研インベストバンク株式会社)
所在地 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル11F
TEL/FAX 06-4707-1192/06-4707-1191
創立 1998年8月
資本金 1億円
事業内容 不動産事業、シニア事業、ホテル事業、資産運用事業

みんなで大家さん事業とは?

「みんなで大家さん」という商品は、不動産ファンドの1つ。
単なる金融商品ではなく、「共生社会」というテーマの元、生み出された商品になります。

預貯金よりも高利回りで、中長期的なスパンで考えると資産の収益が見込めやすく、元本の安全性にも配慮している、それらが主な特徴になります。

対象となる物件は、地方都市でしっかりとニーズを確保できる商業施設。
それを投資家たちが出資して共同オーナーとなり、投資家も地方経済も利益を生み出すことができるような事業となっています。

みんなで大家さんが扱っている商品の一部をご紹介!

では、実際に「みんなで大家さん」が扱っている商品をいくつか見てみましょう。

「みんなで大家さん伊勢」

ise

画像引用元:みんなで大家さん伊勢公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/campaign/)

三重県伊勢市にあるテーマパーク「伊勢・安土桃山文化村」内にある施設の一部が対象となっています。
平成5年に作られたこちらのテーマパークは、平成26年に大型の太陽光パネルを設置し、売電事業も行っています。

「伊勢神宮」でも有名な伊勢市は、年間を通して多くの観光客が訪れる集客力の高い地域なので、伊勢・安土桃山文化村の需要も高いと見込まれています。
リニューアルオープンの予定もあり、今後さらに動員数が増える見込みです。

分配金は賃貸収入から充てられる予定で、想定分配率は7%です。
こちらの施設は三期に分けて販売されます。

「みんなで大家さん30号」

pic_main30

画像引用元:みんなで大家さん30号公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/fund_list/30/)

対象物件は埼玉県熊谷市の「キングアンバサダーホテル熊谷」です。
結婚式場をメインに、レストランなどさまざまな施設が複合されています。地元の顧客はもちろん、遠方からの宿泊客にも上質なサービスを提供しています。

最寄り駅の「熊谷駅」は、JR高崎線など3つの鉄道が通っていてアクセスも良好です。「熊谷うちわ祭」では毎年70万人の集客があるなど、多くの利用者が訪れているのが特徴。施設の利用客も年間を通してとても多いです。

こちらの商品の分配率は7%に設定されています。

「みんなで大家さん29号」

pic_main29

画像引用元:みんなで大家さん29号公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/fund_list/29/)

対象物件である「神宮スカイハイツ」は121戸と規模の大きいマンションです。
2LDKから3LDKとファミリー層を対象としており、管理人を常駐させているなど防犯面も徹底していることから、入居率も良いようです。
JR小山駅が最寄り駅で、近隣にはスーパーやホームセンターなど商業施設が充実しています。

「小山市」は栃木県では宇都宮に次いで人口の多い地域で、工業団地には大企業もあるため、雇用が安定していることから定住する人が多いことも特筆すべき点だといえます。
配当金分配率は6.2%となっています。

「みんなで大家さん28号」

pic_main28

画像引用元:みんなで大家さん28号公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/fund_list/28/)

栃木県宇都宮市にある「B-WAVEビル」が対象物件です。
県庁所在地である宇都宮市は、栃木県の中核とされるエリアで、人口は50万人強。北関東3県の中でもっとも大きい都市になります。
B-WAVEビルは宇都宮駅からほど近い好立地。複合店舗型ビルとして運営しており、飲食店を中心に多くのテナントが入っているビルです。

宇都宮駅周辺は、観光はもちろん出張などビジネス目的でも訪れる人も多く、ビルには高い需要があります。
こちらの配当金分配率は6.2%です。

「みんなで大家さん25号」

pic_main25

画像引用元:みんなで大家さん25号公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/fund_list/25/)

対象不動産は、北海道石狩湾新港にある「北海道物流倉庫」です。
札幌市の中心まで車で30分というアクセスの良い立地で、新千歳空港からは高速道路を利用すれば60分で到着します。
石狩湾新港エリアには600社以上の企業が事業を運営しており、物流倉庫の需要はとても高いです。

特に宅配業は、年間になんと23億もの荷物を宅配するなど、物流需要の高さがうかがい知れます。
北海道物流倉庫の配当金分配率は6.5%です。

「みんなで大家さん22号」

pic_main22

画像引用元:みんなで大家さん22号公式HP(http://www.minnadeooyasan.com/fund_list/22/)

「都市綜研 千葉駅前ビル」が対象物件となっています。
千葉市中央区にあるこちらのビルは、30年以上前から日中はオフィスビル、夕方からは飲食業などのサービスビルとして運営されています。
警備員の配置などセキュリティ面も万全の対策をとっているため、入居しているテナントからも安心して利用できると好評です。

千葉駅周辺はたくさんの企業があり、住民も多いためとても栄えています。
物件のある富士見地区も、銀行やホテル、商業施設などが充実しており、多くの人が訪れるエリアです。

「みんなで大家さん」が扱っている商品の一部をご紹介しました。こうして実際に見てみると、非常に幅広い物件を扱っていることがわかります。
様々な物件を扱っているのは、「共生社会」というテーマを大切にしていることの表れかもしれませんね。