よく寄せられる質問

ここでは、ご購入を検討している方や投資家の方々が、「みんなで大家さん」に対してよく抱く疑問を集めてみました。Q&A方式で回答していきます。

よくある質問

■「みんなで大家さん」のメリットは?

1.1口100万円からの少額投資で不動産賃貸事業に参加可能。
2. 5~7.5%と預貯金などに比べて高利回りの投資商品。
3.不動産自体の管理・運営は営業者側が担当するため手間がかからず、専門知識も不要。
4.優先劣後システムの採用で投資家の元本割れリスクを軽減。

■「みんなで大家さん」のリスクは?

1.優先劣後システムを採用しているが、元本保証はない。
2.予想分配率のため、予め決まった分配金の保障はない。
3.賃貸収入や賃貸事業の支出等の変動によって分配金は変動する。

■元本保証はされる?

出資法によって元本保証は禁じられています。
ただし、優先劣後システムを採用しているので、元本評価額が下落してしまっても、先に営業者の出資分が減資されます。

■1人何口まで出資可能?

何口でも出資可能だが、募集口数の残数によります。

■運用期間は?

3年以内の短期運用となります。

■償還時はどうなる?

最終的な元本評価によって、満期日から2ヵ月以内に出資金が償還されます。

■運用実績は?

2011年2月現在で、販売済みの「みんなで大家さん」シリーズでは、実際の分配率が予定分配率を下回ったことはなく、出資金割れもありません。
ただし、あくまで過去の実績のため、今後の実績を保証するものではございません。

■確定利回り商品か?

利回りは確定していませんが、優先劣後システムによって分配金の安全性を高めています。

■中途解約は可能?

営業者に権利譲渡(手数料3.15%)するか、第三者へ権利譲渡(手数料1.05%)することによって、いつでも換金可能です。

■分配金に対する税金は?

雑所得となるため、総合課税扱いになります。
分配金は所得税として20%源泉徴収された金額が口座振込されますが、源泉分離課税ではないため、原則的に投資家側での確定申告が必要です。

■Jリート(不動産投資信託)との違いは?

Jリートは証券取引所に上場している投資法人の投資口を購入するもので、流動性は高い分、日々の価格変動がある商品。
「みんなで大家さん」は、契約済み物件の家賃収入を分配する仕組みで、元本評価は賃料収入で決定するため、比較的変動リスクが少ない不動産投資です。

■サブプライムローンの影響は?

サブプライムローンを組み込んだ証券化商品ではないため、直接的な影響はありません。

■匿名組合とは?

匿名組合とは、匿名組合契約による組合で、その契約は商法第535条に規定されている契約形態で結ばれています。
契約内容は、投資家は営業者のために出資し、営業者は利益分配することを約束するというものです。「みんなで大家さん匿名組合契約」は、投資家保護を目的とする不動産特定共同事業法第2条3項2号で規定されています。