メリットとデメリット

ここでは、「みんなで大家さん」のメリットやデメリット、特徴などを紹介していきます。

メリット

  • 不動産を所有するわけではないため、1口100万円という小口投資からスタートできる。
  • 自分で運営するわけではないため、専門知識が不要。
  • 5%~7.5%という高利回りである。
  • 元本の保全体制がしっかりしている。
  • 償還済みの実績があり信頼性に足る。
  • 出資者からの評判が良い。

デメリット

  • 元本保全システムを採用していても、元本割れする可能性が0ではない。
  • 予想分配率のため、予め決まった分配金の保障はない。
  • 賃貸収入や賃貸事業の支出等の変動によって分配金は変動する。
  • 収益は、雑所得扱いになり、税金対策としては不利な側面がある。(例えば、給与所得者で収入が多い方の場合、課税所得が増えることになり、節税にはならない場合が考えられる。)

商品の特徴

項目 データ
収益性 5~7.5%(分配金は年6回)
換金方法 ・解約
・都市綜研インベストファンド株式会社へ譲渡
安全性 ・賃貸利益で出資元本を評価
・優先劣後システムを採用
・一時的な賃料下落リスクを減らす時間平均システム


1.不動産価格ではなく、商業施設としての賃貸利益を出資元本として評価するため、不動産価格の変動リスクを受けにくい。
2.投資家を優先出資、営業者である都市綜研インベストファンド株式会社を劣後出資とするため、万が一賃貸利益が減ってしまった場合でも、営業者の劣後出資分を先に減資する。
3.年平均賃貸利益は、運用開始日から償還時までの賃貸利益合計の年平均値から算出するため、一時的に賃貸利益の増減があっても、平準化される。
ホームページ http://www.minnadeooyasan.com/qsnqze/
販売代理 みんなで大家さん販売株式会社
(※旧社名:都市綜研インベストバンク株式会社)